これほど美意識が高められるのは銀座だけ

女の子って、意識次第でいくらでも綺麗になれると思うんです。
素材の良さっていうのももちろん大事。

でも、素材が決して上等なものではなかったとしても、高い美意識を維持することができれば、絶対に美しくなることができます。
私は、それを銀座のキャバクラで学ぶことができました。

美しくなりたいという意識を少しでも忘れたり、綺麗になる努力を少しでも怠ると、お客さんは離れていってしまうのが銀座という街。
本当にこの街の男性って厳しくて、しかも、そういう女の子の意識を敏感に感じ取る人がとても多い。

会社を経営していたりいろいろな人と接点を持っている人がお客様として訪れているからだと思うんですけど、その男性陣のお眼鏡に適うためには、一時も美の探求を怠ることができません。
ということを痛いほど学ばせてもらいました。

銀座のキャバクラで働くことの魅力はここにもあって、常に自分を高められる状態でいることができるところは、他のエリアでは感じられない特徴でしょう。
私自身も、銀座以外でこの魅力というか特徴は感じたことがありませんから。

それだけ特殊な街であり、自分の価値を確認できると同時に、その価値をどんどん上げることができる、銀座のキャバクラはそんなところでもあります。

立ち居振る舞いから雰囲気まで美しくなれるんです

銀座で働くと、普段しているのとは違うヘアメイクを体験することができます
普段着にはなかなか合わないヘアメイクですけどね(汗)。
それも美意識を高めるために必要なことだし、美の探求には欠かせないこと。

でも、銀座という街のキャバクラで働いてたくさんの目の肥えた男性陣と接することで変化する意識というのは、ヘアメイクのような顔まわりだけでは終わらないんです。

スタイルも美しくなれます。
立ち居振る舞いを気をつけるようになるので姿勢も正されるし、立ち方や歩き方、座り方まで矯正されて、美しい身のこなしを手に入れることができるんですよ。

言葉遣いもそうですね。
いくら見た目のいい女の子でも、話すとおバカな子だったら男の人は引いてしまうもの。
銀座で働くと教養の高い人たちとたくさん接しますから、話し方まで上品になって、いつの間にか大人の女性の所作というか雰囲気を身につけることができます。

内面から美意識を高めることができる。
心も綺麗な女性になれる。
「魅力的な人になりたい。」という女性の願望を叶えてくれる!
それが銀座という街であり、この街で働くということなんです。